大学時代には、機械工学をメインとして、電気工学、材料工学、及びエネルギー工学等を学び、分光を利用した光計測について研究を行いました。特許実務では幅広い技術知識が要求されるため、大学及び日々の業務で得た知識を体系化して定着させるように心がけております。

 また、弁理士が海外の特許法について十分な知識を有していないことが最近特に問題になっていますが、昨今の海外出願の増加に伴い海外の特許法の重要度は益々増加すると考えられます。そのため、業務及び勉強会等を通じて海外の特許法に関する知識を更に深め、それを特許明細書の作成に活かしていくつもりです。

 自動化という学科で、機械設計基礎、アナログ電子技術、デジタル電子技術、電力電子技術、検出測定技術及び計測器、自動制御計測器及び装置、プロセス制御エンジニアリング、先進制御技術等を勉強していました。来日してから、通信回路基板の解析、充電器基板の設計の経験を積み重ねて来ました。

 大学で勉強した知識または今まで積み重ねた経験を活かして、良い特許明細書を書けるように努力を尽くしたいと思います。また、知的財産分野で、日本と中国との橋渡しになり、中国での出願に対してもお客様が安心できるサービスを提供するように精一杯頑張って行きたいと思います。是非、何卒宜しく御願い致します。

 主に機械分野に関する特許実務に従事してきました。この特許実務には、海外出願に関するものも多数ありました。

 今後海外出願の重要度も益々増加すると考えられますので、国内出願だけではなく、海外出願においても効果的な対応ができる特許明細書を作成していきたいと考えています。

 知的財産について知識を深めていきたいと思い、入所いたしました。

 お客様に喜んでいただけるよう、丁寧かつ迅速な仕事を心がけていきます。

  1名